2014年10月13日

ドイツ語、英語、韓国語、そして読書・・・

明日締め切りのドイツ語翻訳が無事終わり、先ほど早めに提出しました。


久しぶりのドイツ語でしたが、内容も易しくてわかりやすかったのでとても翻訳しやすかったです。そして、やっぱりたまに他の言語の翻訳をすると楽しくて仕方ない。今回も楽しーって思いながら翻訳していました。まぁ、内容が易しかったからというのもありますが。これでいつもやっている英語の翻訳並みの難しさだったら泣くかも。でもいつかそんな難しい内容の翻訳も英語以外でやってみたいです。


そうそう、英検の解答がウェブサイトで公開されていて確認した所、こんな感じでした。


語彙  -4点
長文 全問正解
リスニング -5点

作文に間違いがない場合14点もらえるので、作文が0点だったとしても、合格ラインはおそらく7割ぐらいだと思われるのでなんとか大丈夫・・・かな。


語彙は過去問題をやっていても、全くわからない語彙が3~4つあったので、このくらいかなと思います。長文は自信があったので全問正解は嬉しいです。

でもリスニングの間違いが悔しい~。1つはあれ?って思って考え込んでしまってわからなくなってしまった問題。そしてもう1つはその次の問題で、前の質問の答えを考え込んでいる間に会話が始まってしまったというケース(^^;)。もう1つは2つの質問の間で迷って、後であー、もう1つの方が正解だった~と思っていた問題。そしてもう1つがトリックにひっかかってしまった問題。


そのトリックというのはですね…。


リスニングのパート3の問題は、問題にシチュエーションが書かれていて、そのシチュエーションに応じた会話を聞きます。それに関連した質問が書かれてあり、4つの選択肢の中から最適な答えを選ぶというもの。


たとえば…


シチュエーション:あなたは小学3年生です。社会見学に来ています。


リスニングする会話(先生の説明):1年生はどこそこに集まって下さい。2年生はそのままここにいて下さい。3年生は○○先生とあそこに行って下さい…


質問:あなたはどうすべきですか。


という風な感じで、4択の中から自分のシチュエーションにふさわしい答えを選ぶ。


この例ではポイントは「3年生」という部分だけですが、シチュエーションに複数の条件が含まれている場合がほとんどです。だから選択肢も結構トリッキーなのですが…、


な、なんと、今回の試験では、質問がトリッキーだったんです。質問が、


「What should you do first?」


となっていたのです。


私はこの「first」をすっかり見逃していたので、選択肢が全部正しいぞ、え?え?と一瞬パニックでした。


むむむー。過去問題ではこんなトリッキーな質問はなかったので侮っていましたー。


…て結局質問をよく読んでいない自分が悪いんですけど…。完全負け惜しみですorz。


ところで、ドイツ語の翻訳をしながら、なぜかふと韓国語が無性に勉強したくなりました。ああ、そろそろ韓国語能力検定の勉強を再開するかな…なんてね…。


韓国語は新しい学習ジャーナルが出て、読み応えもあって好きなのですが、Vol.2は買ってまだ全然読んでいない…。そうこうしているうちに3が出てしまいました。欲しい…


韓国語学習ジャーナルhana Vol. 03韓国語学習ジャーナルhana Vol. 03
hana編集部

HANA(インプレス) 2014-09-02
売り上げランキング : 1152

Amazonで詳しく見る by G-Tools


ここ1ヶ月ずっと仕事が続いていたので買った本がまた積み上がってしまいました。どうにかして次の仕事が来るまでに読んでしまいたいです。


ずっと実用書とかビジネス書とかエッセイとかばっかり読んでいましたが(読みやすいので)、最近小説にはまり出しました。今手持ちの本を読み終えたら小説に走りたいな~と思っています。


英検も終わってドイツ語の翻訳も終わったのでちょっと一息がてらと、長いブログを書いてしまいました。。。


今日もお付き合いありがとうございました。へへ(^^)。





体力づくりブログもよろしくお願いします!

にほんブログ村 多言語学習者(学習中)
にほんブログ村 マルチリンガル
にほんブログ村 英語 通訳・翻訳

0 件のコメント:

コメントを投稿