2015年6月15日

暇な時間

金曜日はイタリア語翻訳のクラスでした。


フランス語を頑張っていますが、イタリア語も嫌いではありません。


金曜日のクラスの予習も思いの外スイスイ進んで、もしかしたらラテン系言語に慣れてきたのかもしれません。



6月に入って仕事が落ち着いてきて、暇をもてあましつつあります。別の翻訳会社さんに登録してもっと仕事をすればいいのでしょうが…ついつい現状に満足してしまう…。


と言うか、今以上翻訳とか日本語起こしの仕事などをしたくないというのが本音なのかもしれないです(爆)。


まぁともかく、昨日は暇過ぎて堕落した生活を送ってしまいました。日中に夢を3回ぐらい見てしまった。



で、寝るのに飽きてこの映画を買っていたので見ました。私が買ったのはイタリア語字幕もある(確か…)インポート版で、今回は英語字幕で見ました。



あしたのパスタはアルデンテ [DVD]あしたのパスタはアルデンテ [DVD]

オンリー・ハーツ 2012-03-01
売り上げランキング : 68088

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Mine vaganti  (DVD) [ italian import]Mine vaganti (DVD) [ italian import]


売り上げランキング : 205635

Amazonで詳しく見る by G-Tools

イタリアの映画、好きです。イタリアは根っから明るいイメージがありますが、映画などを見ていると、どちらかと言うとネクラで、でも人生は楽しく美しく生きなきゃ!って開きなおっているから明るい気がします。だからか、哀愁もある、そんな感じが私は好きです。


この映画もコメディだけどそんな感じでした。底抜けに明るいわけではない感じ。女の子がかわいかった。


ゲイの主人公が家業のパスタ工場を継いでいるお兄さんに自分がゲイである事を打ち明けて、自分はゲイであること、そして作家になりたいので工場を手伝う事はできないと家族に正直に言うと伝えました。


そして家族とのディナーの席でいよいよ打ち明けようとした時、お兄さんがそれを遮り、ななんと、お兄さん自身がゲイである事を打ち明けてしまったのです。


それを聞いたお父さんはショックのあまり発作を起こし、それ以来家族はぎくしゃく。結局弟は工場を手伝うはめに・・・。


そんなこんなで話が続いていきます。


ハリウッド映画のように万人にわかるようなスッキリとした終わり方ではないかもしれませんが、なかなか良かったです。


イタリア映画は何と言っても風景が素敵。この映画は南イタリアのレッチェという田舎町が舞台のようです。素敵でした。
http://www.amoitalia.com/lecce/


またイタリアに行きたくなりました。




体力づくりブログもよろしくお願いします!

にほんブログ村 多言語学習者(学習中)
にほんブログ村 マルチリンガル
にほんブログ村 英語 通訳・翻訳

0 件のコメント:

コメントを投稿