2015年7月19日

自分と「違う」人に対して…文系理系カップル

理系クンという漫画がある事を知り、特設サイトを読んで思わずププっとなってしまいました。
http://www.bunshun.co.jp/rikeikun/


今付き合っている彼も理系クンです。彼は情報系?だけど、この理系クンとなんか似てる所あります。(この理系クンよりはもう少し理系度薄め?ですが)


人間をタイプ分けするのは賛否両論あると思いますし、文系、理系にもそれぞれ分野が多岐にわたると思うので一概には言えない事も理解していますが、数学ができない私と数学得意の人とでは明かに思考回路が違うなというのは実感しています。


そういうわけで私はなぜか理系、特に数学ができる人に並々ならぬ憧れがあります。


私は高校の時、生物が好きだったので、実験とか研究とかの分野は好きな気がする。だけど数学だけはどうしてもわからなくて…って国語もわかんなかったけど…、でもできないからこそ、できるようになりたいという憧れが強くて。だから数学が得意な人はそれだけでかっこよく見えてしまう。男性も女性も。


しかし、、、理系の人と付き合ってみると、なかなか難しい(笑)。接していると宇宙人みたいです。


周りに「理系の中の理系!」みたいな人と付き合ったり結婚している友人、知り合いが皆無なので、彼との付き合いの話をすると、「大丈夫、それ?」とか言われるのであまり言わないようにしてます(汗)


ほんとに!「宇宙人」という言葉がぴったりです。慣れない頃は「どうしたもんかな」と思っていたのですが、私はハタと気付きました。


超身近に、文系理系カップルがいました。そして「宇宙人も」!


うちの両親です。そして「宇宙人」は父。


母は家系が完全なる文系。芸術系です。父は理系(工学系)&体育会系。


うちの家族は父以外、どちらかというと文系なので父1人家族から理解されず、孤立していました。家族皆で「あの人は宇宙人だ、何考えているかわからない」といっつも言っていました。


同じ男同士の弟でさえ、「あの人は何を考えているか全くわからん・・・」と言っています。


父を孤立させてしまった事は今思えば父に対して申し訳なかったなと思うのですが、本当に考え方とか色々な面で全く違うのでどう接して良いかわからなかったのです。


私が本当に父の事を理解できるようになったのはごく最近です。


今でも妹なんかは父の事があまり理解できなくて、つかず離れずぐらいでないと喧嘩…というか、妹が父に対してキーっとなってしまいます。


私は、父に対して時々「イラ」っとするけど、まあいっかと思えるようになりました。それでも、まあいっかと思えるまでには長い時間と葛藤が必要でした。


そう思うと、自分と「違う」人に対してアレルギーと言うか、「理解できない」という思いを抱いて線引きを無意識にしちゃったりしている自分がいる事に気付いて反省させられます。


「違う」ってわかってて、「違いを受け入れなきゃ」と思っても、「自分が理解されてない」という思いが先行しちゃって、父に対しても長い間一線を置く感じでした。


今は父との関係は良好です。今でも父に対して「はい?」と思う事はあるけれど、まあそれはそれで父の特性だと思えます。


ちなみに、何かを尋ねた時に父が、サイン・コサイン(数学のアレね~)で説明してきた時に、初めて父を尊敬しました!!


父の事が理解できるようになると、意外とかわいい所があって憎めません(笑)。


ま、そんなこんなで、父のおかげか、宇宙人みたいな彼の事も、時々悩みつつもまあこんなもんかと思えるので、父との間の葛藤を経験して良かったなと思っています。


まぁ、もう少し女ゴコロをわかって欲しいというのが本音ですが、異文化コミュニケーション以上に、もう本当に人間と宇宙人とのコミュニケーションだと思って諦めてます…


そんなにモテなさそうでもないのですが、「僕全然モテないから…」と言ってたけど、わかる気がする(笑)。あれだけ女ゴコロわかってなかったらたぶん普通はモテない…(爆)


最近なんだか会える日が少ないから悶々としていたら、論文作業していたそう。6月はずっと論文を書いているって言ってたけどもう終わったと思ってたら近々学会があるそう。


早く言えよ、オイ!


・・・私達の会話・・・


私:「Kくんが何考えてるかわからない」


彼:「僕もあやちゃんが何考えてるかわからない」


2人:「・・・。ま、いっか…」


・・・おわり・・・


そんな彼も文系には並々ならぬ憧れがあるらしく、語学ができる私が「すごい」と思えて仕方ないそうです。お互い違うので尊敬し合えるのだと思っています。



すみません…最後は完全に惚気です。。。


こんな事ブログに書いていいのだろうか…。ま、別れちゃったら…その時はその時で良い思い出とします(笑)。


注:私はファザコンではありません…



体力づくりブログもよろしくお願いします!

にほんブログ村 多言語学習者(学習中)
にほんブログ村 マルチリンガル
にほんブログ村 英語 通訳・翻訳

0 件のコメント:

コメントを投稿