2016年2月4日

ボサノバの歌詞でポルトガル語を楽しみます。

先日言っていた、Brigas, Nunca Maisの歌詞の意味を調べ終えました!


フランス語と似ているので、時々フランス語の単語も書き込んだりして。







「もう喧嘩は決してしない」という歌です。


彼女と喧嘩して
泣いてる彼女を慰めたのは僕なんだよ、と。


まあ、愛の段階にはそういう時もあるよね、と。


結局彼女を必要としてるのは僕だし、と。


この愛は僕達の愛がこれからもずーっと続くって事を
表してんだ、と。


ま、結局平和に愛し合うのが1番だね、と。


だからもう喧嘩はしない、と


そういう歌です。


ボサノバは歌詞が短いからいい。


少しずつ、覚えられるといいな。


他の言語も歌とかドラマとか好きなものがあれば
もっとやる気が起きるんだけど^^;


フレンチボサ行く?


と思ったけど、やっぱりブラジルボサが好き。


今日もギターレッスンだったのでしっかり学んできましたよ。


Insensatezは自分の声の高さに合わせたので
コードが難しくなってしまいましたが、
その分練習になる。


まだまだ全然できていないのだけど
次回は仕上げ。


そして、また次の曲を選んできてね、と言われたので、
次はBrigas, Nunca Maisにします。


せっかく意味を調べたのだし。



さて、Youtubeですが、
先日のスタンダードなアレンジバージョンも良いけど、
私のお気に入りはDJAVAN。


個人的にスーツで音楽をする人がなんだか好き。
DJAVAN素敵すぎる。




ちなみに、私の好きな「Fly me to the moon」も歌っていてしびれる。




他にも、Brigas, Nunca Maisの色々なバージョンをどうぞ。


ジョアン・ジルベルトはとても爽やか。典型的なボサノバな感じ。




軽快なパウラ・モーレンバウムバージョン。


昔、パウラ・モーレンバウムとその夫のジャック・モーレンバウムが
坂本龍一とアントニオ・カルロス・ジョビンの軌跡をたどるNHKの特集を見て、
それでジョビンを知って好きになりました。




夫のジャック・モーレンバウムのチェロバージョン。
ジャズチックだけどインストゥルメンタルも良いですね。




体力づくりブログもよろしくお願いします!

にほんブログ村 多言語学習者(学習中)
にほんブログ村 マルチリンガル
にほんブログ村 英語 通訳・翻訳

0 件のコメント:

コメントを投稿