2018年4月29日

翻訳者に必須!?頭皮マッサージ

別に翻訳者に限ったことではないと思いますが…頭をよく使う人におすすめ、と言うか絶対やった方がいいよーと言いたいのが、頭皮マッサージと髪の毛のブラッシング。

小さい頃、おじいちゃんやおばあちゃんがよく髪の毛をブラシで整えていましたが、最近はナチュラルな洗いざらし風が流行っているからか、ブラッシングをする習慣がない人がほとんどだそうです。

確かにあまりブラッシングしすぎると切れ毛や枝毛の原因になりそうだし、静電気でぺちゃんこになったりするのでふんわりナチュラル風にならないかもしれません。

それはともかく、翻訳をして頭をたくさん使った後の頭皮がカチコチなんです。だから無性にストレッチさせたくなるんです。

それで頭皮マッサージとブラッシングをするようにしていたら、頭のすっきり感が全然変わってきました。

頭皮マッサージは、シャンプーの時にちょっとマッサージするとか、髪を乾かす前にほんの1分程度やるくらいです。

あと、やっぱり頭もむくむんじゃないかなと思うのです。

だからリンパとか関係あるのかな~と思って、額の上から後ろの首の盆の窪あたりとかツボがありそうな所に向かって軽く数回さすったりすると、さらにすっきりします。

本当にそんな簡単なことでも全然違います。

そしてプラス、ブラッシング。

前に猪毛のブラッシングブラシを買ったのですが、髪が多いせいかあんまり髪がブラシの毛に絡まず頭皮まで届きにくい。

なのでブラッシング用には向いてないとは思うのですが、↓のツゲの櫛でブラッシングしてます。


髪をとくと言うよりは頭皮マッサージ目的でやっているので頭に刺さる感触が気持ちいいです(笑)。

私はくせ毛で細い髪と太い髪が混在しているせいか、髪がものすごく絡まりやすくてブラッシングしにくい髪の毛なので、コームの方が絡みを解きながらブラッシングできて良いです。

もうちょっとソフトにブラッシングしたい時や、コームでブラッシングした後に猪毛のブラッシングブラシも使っています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
[REDECKER/レデッカー] オリーブウッドのヘアーブラシ(猪毛) [角]
価格:3000円(税込、送料別) (2018/4/29時点)

どちらの櫛も静電気が起きなくて気に入っています。

こっちのブラシはペン立てにペンと一緒に挿していて、仕事の合間に疲れたな~と思ったらブラッシングしています。

顔のたるみも頭皮が硬いことが1つの要因という話もあるので、毎日の習慣はもちろんのこと、頭皮が硬い気がする~と思ったらブラッシングしたりリンパマッサージをしたりしています。

仕事の効率も上がるのでおすすめです。

インスタもよろしくお願いします!

にほんブログ村 多言語学習者(学習中)
にほんブログ村 マルチリンガル
にほんブログ村 英語 通訳・翻訳

0 件のコメント:

コメントを投稿