2014年9月26日

スカイプレッスンは向いてなかった…

旅行から帰ってきて翻訳と日本語お越しの仕事がまた続いています。気がついたら今年が終わっていそうで怖い…。仕事以外にもいっぱいやる事があるのに…


ところで夏前ぐらいまで中国語とフランス語のスカイプレッスンをしていたのですがやめてしまいました。


先生方はとても良くてレッスンも楽しかったのですが、スカイプレッスン自体が私には向いていなかったみたいです。


話すのは楽しかったのですが、どちらかと言うと、じっとしていられなくて、小さい画面の中に収まっていなきゃいけないと思うとなんだか窮屈に感じてしまいました。1時間は結構辛かったです。


Ipod touchでスカイプをしていたのでそのせいかなと思いましたが、カナダにいる友人とPCでスカイプしていた時も窮屈で仕方なかったのを思い出しました。


私、スカイプ自体があまり好きではないみたいです。


先日は韓国語レッスンでしたが、やっぱり対面だとノビノビできて良いです。


なんだかスカイプの枠の中で「動けないよー」ってもがいている自分がいて(笑)。本当はノビノビしたかったのに。でも枠は自分の認識の中にしか存在しなくて、本当はスカイプの画面からはみ出ても別に大した事ではないのに、はみ出したらいけないって思い過ぎてた自分に気がつきました。


それでふと思った事があって、去年から夏にかけて仕事以外で色々とあってとても窮屈な思いをしてたのですが、思えば自分の中に枠みたいなものを作っていてそこから出られなくなってたなぁと。


あの時は気づかなかったのですが、実は「ノビノビしたい!」と思ってたんでしょうね、私…。もうアメリカから帰ってきて10数年経っていて忘れちゃっていましたが、やっぱりアメリカにいる時は開放的でノビノビしてたなぁ…(遠い目)。


基本的にはアメリカ的な開放感が私にはちょうど良いみたいです。ちなみに、カナダはアメリカより開放的な感じがして、そこまでいくとあまり居心地が良くなかったです。


あ、でも私はアメリカの中でも保守的なマサチューセッツ州にいたので、カリフォルニアとかにいるとまた違ったのかもしれません。マサチューセッツの保守的さが私にとっては1番良いバランスだったのかもしれない。結構日本的な部分も感じられて、当時はアメリカって自由の国って言うけど結構日本と変わらない所あるじゃーん!と思っていました。あれはマサチュー特有のものだったのかもしれない。


今日はアメリカ留学時代からの大親友とラインで昔の事を色々話していたので、仕事の合間にこんな事を思い出していた次第です。


あ、もともとはスカイプの話でしたね…。話が飛んじゃった…。


さて、仕事に戻ります。


体力づくりブログもよろしくお願いします!

にほんブログ村 多言語学習者(学習中)
にほんブログ村 マルチリンガル
にほんブログ村 英語 通訳・翻訳

2 件のコメント:

  1. いつでも遊びにきてっ!待ってるよー。私はぜんぜんノビノビしてないけど、、(笑)

    返信削除
    返信
    1. 東京へ行ったらアメリカに行きやすくなりそう。計画して遊びにいくね!確かにちりさん、ノビノビ感が…(笑)。ちりさんにはボストンやNYの方が合ってると思う~。

      削除