2016年6月14日

マインドフルネスの本とローズマリー

またアメブロと並行して書く作戦に出てみました。

アメブロのデータを移行すればいいのですが
面倒くさくて…。

どちらもずっと書いてきたブログなので
手放すのが惜しい…

さて、これいいよと頂いた本。


はじめてのマインドフルネス ――26枚の名画に学ぶ幸せに生きる方法はじめてのマインドフルネス ――26枚の名画に学ぶ幸せに生きる方法
クリストフ アンドレ 坂田 雪子

紀伊國屋書店 2015-08-27
売り上げランキング : 29450

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


フランスの精神科の方が書かれた本で
今話題のマインドフルネスの本。

「今、ここ」を意識する事が書かれています。

私は妄想&空想癖があるのと思考型の人間なので
意識しないとすぐどこかに飛んでいって(笑)しまいます。

昔、友達の家で2人でパスタを作っていた時に、
パスタを茹でていた私に友達が、
「あやぼうちゃん、帰ってきて(笑)」と言いました。

よく「どこかに行ってる」と言われます・・・

なので「今、ここ」にいないのですよ。。。

それが良い時もあれば考えごとがあると
すぐそちらに行ってしまうという面もあり
よく悩みます。

そんなわけでこの本を読んでいると
なるほどなーと思う事が多々ありとても興味深いです。

「今、ここ」という概念を色々な絵画で
説明されています。

昔、絵や映画の分析のクラスを取っていて、
結構そういうクラスが好きだったのですが、
この本も絵を分析しながら「今、ここ」の説明がされていて
なかなか面白いです。

また、内容もとても興味深いのだけど
訳文がすらすら読めていいなぁと思いました。
原題は、
Méditer, Jour Après Jour
~25 leçons pour vivire en pleine conscience~
でフランス語す。

翻訳本なのにとても読みやすく
訳されていて言葉がすんなり頭に入ってきます。

今日はたまたまフランス語の翻訳をしていて
何気に英語翻訳よりも楽しくて好きなのですが、
もっとフランス語翻訳の仕事がしたいなぁと思いました。

まぁ、仕事ではないにしても、勉強に
この本をフランス語の原書で読んでみたいなと思いました。

基本的に原書を読むのって英語でも苦手で
ほとんど読まないのですが、
興味のある本なら読めそう。

まだ半分読んだところなので、
原書を探して日本語版が終わったら
読んでみたいなと思います。

そして今日もローズマリーをヘビーユーズ。

毎日忙しくて1つ仕事を終えてまた次、
という生活が続いていますが、
ローズマリーのアロマを焚いていると
本当にはかどります。

試しに別の、色々なオイルが混ざった
ブレンドオイルを焚いたら寝てしまった・・・(爆)

ちなみに、ペパーミントもあるのですが、
ペパーミントも集中力にいいのかなぁと思いつつ
まだ試していません。



香りを嗅ぐ限り、頭がすっきりして良さそう。

今日のノルマまであと少し!

頑張ります。


にほんブログ村 マルチリンガル
にほんブログ村 英語 通訳・翻訳

0 件のコメント:

コメントを投稿