2014年11月18日

英検準1級合格しました。

英検準1級合格しました。良かった(涙涙涙)


2次試験が終った直後は本当にもうだめだと思ったくらい、全然うまく答えられなかったのに、なんとか38点中の32点で合格していました。面接官のオジさん、本当にありがとう。。。


それにしても、どこでそんなに得点が取れたのだろう…。


あー、でも本当に緊張して死にそうでした。
終わったらどっと疲れが出て体が重たかったですもん。


英検準1級の合格率は6割だとか8割もある時もあるとか5人に4人は合格などなど、1次試験よりもかなり緩い感じらしいのですが、ほんとに全然自信がありませんでした。


どなたかが、2次試験の面接は「英会話力」ではなくて「スピーチ能力」を見ていると仰っていましたが、たしかにその通り。


フリートークだったらこんなに緊張しなかっただろうしもう少しましな回答もできたと思いますが、英語ができても「スピーチ力」「プレゼン力」がなければビジネスなどでは通用しないなぁと実感しました。


日本にいるからスピーキング力はそんなに必要ないや~とか使ってなけりゃあ衰えるのは当たり前だと思っていましたが、いくら翻訳と言っても、外国語を扱う職業に就いている身には変わりないので、ビジネス的なスピーチ力やプレゼン力は身につけておいた方がいいなぁと改めて思いました。


英会話だとあやふやに「えっとね~」とか多用できるけど、、必要な時にズバっと言いたい事だけ淀みなく言う、言い切る、それをいつでもできるようにしておく、というのは大事だなぁ。



という事で…それはともかく忘れないうちに2次試験に関するメモ。


Q:今日はどんな気持ちですか。
(how are you todayみたいな表現ではなかったような)

A:緊張しています。

Q:日常で英語を良く使いますか?

A:はい。私は翻訳の仕事をしているので読み書きは日常的にやっています。ただ、喋る機会はほとんどありません。

Q:どんな翻訳をしているのですか。

A:主にTV番組用のインタビューです。

Q:では日常的に英語を使っているのですね。

A:はい、でも「NOT SPEAKING」←と念押し。


ナレーション問題

①在宅の仕事を雑誌か何かで見つけて興味を示している奥さん
②面接を受けている。すぐ働けますかと面接官に聞かれてうなずいている様子。
③家で電話を受けている傍で赤ちゃんがおもちゃを散らかし壁にいたずら書きをしている。
④その晩、赤ちゃんにご飯をあげていると旦那さんが帰ってきたがご飯を作れなかったと言っている奥さん。


Q&A
①4つめの絵を見てあなただったらどんな事を考えているだろうか。
②親達は子供の教育にお金をかけすぎだと思うか。
③今の時代は昔よりも人々は仕事を頻繁に変えていると思うか。
④政府は子作りを推奨すべきか。


ナレーションも自信がないけどQ&Aは撃沈です。まともに答えられたのは3番目の質問ぐらいです。4番目の質問はit depends とか答えながらでもお金の問題や健康の問題があって子供を持てない家族もあるから強く推奨すべきではない…と最終的に曖昧になってしまったので、面接官が評価1~5の1のマークを塗っている所がバッチリ見えましたもん。②番目もお金を稼ぐとかけるがごっちゃになって悲惨な回答だったし…。


ちなみに、ナレーションは1分間の準備時間の間に各イラストを見て、気づいた事を英単語で3~4つぐらい頭に入れて、本番で文を作る感じにしました。でも簡単すぎてなんか1分ぐらいで終わったかも(汗)。


今回の場合ですと

①job offer、interested、
②interview、can work soon
③busy picking up the phone、baby is playing around、toys
④messy、no dinner、husband unhappy


みたいな感じです。


あぁ、でも今考えてもこのナレーションでさえうまくできなかったのに…。



英検準1級の2次試験はほろ苦い体験となりましたが、ほんと、合格していて良かった(涙)。


何度も言いますが、オジさん、ありがとう。ちょっぴりカバみたいなオジさん(笑)でしたが結構好きな感じの人でした。


良かった~(涙)。


これで心置きなく1級の勉強を始められます。落ちてたらダブル受験しようと思っていました。


では仕事、仕事…。


体力づくりブログもよろしくお願いします!

にほんブログ村 多言語学習者(学習中)
にほんブログ村 マルチリンガル
にほんブログ村 英語 通訳・翻訳

0 件のコメント:

コメントを投稿