2018年3月17日

TOEIC亡国論が届きました

この間の宣言後、すっかりフランス語のことを忘れていて、あえなく撃沈・・・🙍

それはともかく、猪浦先生のTOEIC亡国論が届きました。

今は仕事で手一杯なのでぱらぱらっと中を見ただけですが、目次を見てもなかなか興味深そうな内容です。

おおまかにはいつも先生から聞かされている話なのですが、さらに詳しくTOEICや英語教育について考察されている感じです。


TOEIC亡国論 (集英社新書)TOEIC亡国論 (集英社新書)
猪浦 道夫

集英社 2018-03-16
売り上げランキング : 1331

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こちらで少し試し読みができます。
http://shinsho.shueisha.co.jp/kikan/0923-e/


一応大まかな目次だけご紹介。

序章 「英語ができる」ということはどういうことか。

第1部 我が国の英語教育の現状とTOEIC

第1章 我が国の言語教育の現状ー文科省による亡国の言語教育政策
第2章 TOEICとはどういう試験か
第3章 さまざまな分野でのTOEICの採用状況
第4章 TOEICに関する受験者からの評価
第5章 TOEICについての考察
第6章 語学能力の分析
第7章 あなたが必要としている語学力とは
第8章 TOEICとどうかかわるべきか
第9章 TOEICは日本を三流国にするー文科省と企業への提言

第2部 望ましい英語学習のあり方

第10章 正しい英語学習法1ー読解力、作文力
第11章 正しい英語学習法2ー会話、発音学習法
第12章 プロを目指す方へのアドバイス
第13章 40~50代からの英語学習の勧め

です。

・・・ということでまた仕事に戻ります。

今日はここ数日に比べると気温が低くて冷える・・・

インスタもよろしくお願いします!

にほんブログ村 多言語学習者(学習中)
にほんブログ村 マルチリンガル
にほんブログ村 英語 通訳・翻訳

0 件のコメント:

コメントを投稿