2018年8月23日

お肉生活のその後・・・

体質的に炭水化物があまり体に合わないようで、2年近く糖質制限でお肉中心の食生活をしています。そのおかげで自律神経の乱れも軽減し、調子の良い毎日を過ごしていました。

ところが、、、

「日本人であるならお米を食べなさい」という話を聞いて、「そうだよな~、肉食メインでたまにならいいかな~」と思い、5月に地元に帰省した際に、地元のブランド米を2キロ買って帰りました。

それをちょっぴりの塩を入れて土鍋で炊くと、これが美味しいのなんの~

1合炊いてペロリと食べてしまう。

朝1合食べて昼、夜は抜いたり軽いおかずにしていましたが、、、

やはり炭水化物は炭水化物を呼ぶのか、ご飯を食べるとなんだか甘い物とかスナックとかアイスとか、そういうものが無性に食べたくなる。

しかも季節柄、スイカが美味しい!最寄りのスーパーが駅直結なので、外出した帰りにスーパーに寄ってついついカットスイカを買ってしまう…

果物も糖質の宝庫ですからね~。

また、お肉を焼くと手間もかかるし洗い物も大変。しかしご飯は簡単に炊ける(土鍋でも簡単です)。

お腹は空いたけどお肉を焼くのがめんどうくさい…となって、余計にご飯を食べてしまう、そんな悪循環。

それなら糖質を食べたらどうなるか実験してみようと思い直し、3ヶ月ほどお肉中心だけど糖質も時々取ったりお菓子も食べたりという食生活にしてみました。

その結果、やっぱり私には糖質はあまり体に合わないなと感じました。

まず、胃炎になった(爆)。

7月の健康診断でバリウム検査をやったのですが、先日結果が送られてきて、胃の粘膜にびらんができてるので1年間要経過観察となっていました。

バリバリお肉中心の生活をしていた時にちょっぴり胃が痛くて心配になって胃カメラ検査をしたのですが、その時は胃炎どころかきれいな胃ですね~なんて褒められたのに(1年半ぐらい前)。

ずっと胃薬が手放せなかった生活から一転、ピロリ菌を退治してその後お肉生活にして以来、全く胃薬が必要なくなったのに。

母が胃がんで亡くなっているので胃には特に気を付けているのですが、うーん、ピロリ菌を退治したのも良かったのだろうけど、やっぱりお肉生活が良かったんだな。

あと、生理前と生理中の体調。お肉生活の時はこの期間もとても調子が良かったのに、やっぱり糖質が増えるとPMSやむくみなどの症状が出て体がだるくなる。

他にも体調の変化がちょろちょろと出てきたので、ここいらでまたお肉中心の生活に戻して体調改善を目指したいと思います。

糖質制限やケトン体生活が万人に良いとは思っていないので他の人にすすめたりはしませんが、周りにある簡単に食べられる物はその多くが糖質ものなので、きっと多くの人が糖質過多なんだろうとは思います。

私もご飯大好き人間なのでご飯が悪とは思っていませんが、他の糖質の呼び水になっているようにも感じます。

でもやっぱり美味しくてやめたくないので、1~2週間に1回ぐらいは白いご飯OKにしようと思っていますが…

そんなこんなで、また体質改善に励みます。これも私の趣味ですね😝


インスタもよろしくお願いします!

にほんブログ村 多言語学習者(学習中)
にほんブログ村 マルチリンガル
にほんブログ村 英語 通訳・翻訳

0 件のコメント:

コメントを投稿